空間を広くすっきりと見せてくれるローソファーですが、その作りは様々です。ここでは、ローソファーの座面の高さと張り地の素材に注目して、それぞれの特長などについてお伝えしていきます。より良いローソファー生活の一助となれば幸いです。

ローソファーの座面高はどれがいい?

ローソファーといっても、座面高は、5センチメートル程度のものから30センチメートル程度のものまで様々です。ここでは、10センチメートル単位で区切って、それぞれの特徴や適したシチュエーションなどについてお伝えしていきます。

使い心地に直結!張り地はどれがいい?

ソファーを選ぶうえで、張り地が一番気になる方も多いのではないでしょうか。座り心地や手触りだけでなく、耐久性やメンテナンス性にも関わる重要なポイントです。ここでは、ファブリック、人工皮革、天然皮革それぞれのメリット・デメリットをお伝えしていきます。

ファブリックのメリット・デメリット

ローソファーは座高が低いため、子供がいる方でも落下することなく安心して座ることができます。一口にローソファーといってもフェイクレザー、本革など生地の種類が色々ありますが、中でも人気なのがファブリッ…

続きを読む

人工皮革のメリット・デメリット

人工皮革の最大のメリットは水に強く、水拭きができるという点でしょう。うっかり飲み物などをこぼしてしまっても、濡れた雑巾でさっと拭けばすぐきれいになります。日頃のお手入れにもあまり細かい気を遣う必要…

続きを読む

天然皮革のメリット・デメリット

圧迫感がないので部屋が開放的になる、和室にもマッチするというメリットがあるローソファー。床に近いためリラックスできるし、大人や子どもなど家族みんなに優しい家具としてローソファーの人気が高まっていま…

続きを読む