少し高め!座面高30センチメートル前後のローソファー

こんな人におすすめ!ローソファーの魅力

家人や来客があった時に便利なのがゆったりとくつろげるソファー。ですが普通のソファーでは一人暮らしの部屋だと大き過ぎるという人もいるでしょう。そんな時におすすめしたいのがローソファーと呼ばれる種類のソファーです。フロアソファーとも呼ばれるこれは座面高が低く、あまり広くない部屋でも圧迫感を出さずに置けます。またコンパクトであるため、搬入が一人でもしやすいというのも大きなポイント。椅子と同じ高さのソファなどと比べて値段もやや安めというところも金欠気味な人にとっては見逃せないですね。ローソファーの座面高が低いということは、小さな子供やペットがいる家でも安心して置けるので、そういった面でも通常サイズのソファーよりおすすめです。

低すぎる?そんな時は座面高30センチのローソファー!

ローソファーはソファーとは言っても、ほとんど床座のような形になるためどうしても足腰には負担がかかりますし、客間のようなややかしこまった部屋に置くには座った時の見た目的にも抵抗があるかもしれません。そこでおすすめしたいのが座面高30センチメートル程のやや高めのローソファーです。この高さにまでなれば腰を下ろす時や立ち上がる時の足への負担は大分軽減されますし、またしっかりと足が突き出たものであれば座面の薄さで安っぽい感じもなく、座った時の見た目でカジュアル感が出過ぎることもありません。それでいてコンパクト感は損なわれないため、搬入のし易さは勿論のこと、小さめのテーブルなどの他の家具と合わせやすいのもポイントです。
他にもL字タイプのコーナーソファーやリクライニングローソファーなどローソファーの中でも種類があるので、用途に合わせて調べてみるといいでしょう。