ファブリックのメリット・デメリット

ローソファーでファブリックを選ぶメリット

ローソファーは座高が低いため、子供がいる方でも落下することなく安心して座ることができます。一口にローソファーといってもフェイクレザー、本革など生地の種類が色々ありますが、中でも人気なのがファブリックです。ファブリックの1番のメリットは、生地の質感や肌触りが優れていることです。夏の暑い時期でもほとんどべたつくことがない上に、冬も暖かく過ごせます。さらに、適度な摩擦があるために長く座っても疲れにくいのも魅力です。

その他にも、ファブリックはカラーやデザインなどが豊富にあることもメリットです。同じような色合いの生地でも、織り方によって全く違う雰囲気になります。つまり、部屋のイメージに合わせて生地を選べることもおすすめポイントです。

ファブリックのデメリット

ファブリック素材のデメリットは、汚れがつきやすいことです。小さな子供がいる場合、ローソファーに寛ぎながらジュースやアイスなどを食べることは少なくありません。その際に、うっかりとソファーにこぼしてしまうと汚れが目立ってしまいます。また、空気中の埃やダニなどが溜まりやすく、衛生的に保つのが難しいというデメリットもあります。いつもきれいに保ちたいという方には、カバーリングタイプを選ぶと良いでしょう。カバーリングタイプの中でもウォッシャブル生地を選べば、カバーを外してそのまま自宅の洗濯機で洗浄することが可能です。また、古くなった時や部屋のイメージチェンジを図りたい時もカバーを交換すればいいので便利ですよ。

こたつでソファーとは、こたつと一緒に利用できる高さの低いローソファのことを言います。ローソファは、こたつを囲う形になっています。